肘の黒ずみケアはどうするのか?黒ずみの原因と解消

肘の黒ずみケアはどうするのか?黒ずみの原因と解消

肘の黒ずみの原因は普段の何気ない習慣や癖

これからの暑い季節、半そでになると目立つのが肘ではないでしょうか。
肘は自分の目につきにくいためケアを怠ってしまう場所でもあります。
定期的に角質ケアを取り入れるようにするとよいでしょう。
肘の黒ずみの原因として考えられるのが、摩擦や刺激、そして圧力です。
ほうづえをついたり、肘をついたりといった普段の何気ない習慣や癖によって
知らず知らずのうちに黒ずみを作ってしまっている可能性があります。
他にも、お風呂に入って体を洗う時にはナイロンタオルは控えたほうがよいでしょう。
ナイロンタオルは刺激が強すぎる上に、強くこすりすぎてしまうため
黒ずみの原因になります。
しかも、肘は皮脂腺が少ないので、皮脂や水分が極端に少ない部分であり
とても乾燥しやすいため、ちょっとした摩擦や刺激でもダメージが大きくなるのです。
摩擦や刺激、圧力などが加わると皮膚はダメージから守ろうとして
角質を厚くします。それを繰り返しているうちにダメージが蓄積して
肘が黒ずんでしまうのです。
一度できた黒ずみは色素沈着を起こして、なかなか落ちなくなってしまいます。
このように、何年にもわたって繰り返されてきた刺激や摩擦によって肘が黒ずんで

きてしまうのです。

肘の黒ずみを解消する為には

肘の黒ずみの原因となるのが、摩擦や圧力、そして乾燥です。
この部分は衣類で擦れやすいだけでなく、デスクワーク等をしている、頬杖をつく癖があるという人の場合、机に接触し圧力がかかる事が多くなります。
摩擦や圧力がかかると、その状態から肌細胞を守る為に、メラニン色素が発生する事になります。
そのメラニン色素が定着すると、黒ずみの原因となります。
保湿がしっかりとした肌であれば、新陳代謝が行われやすく、メラニン色素は短期間で肌の外へと押し出されていく事になるのですが、肘というのは、皮膚が薄い部位で、他の部位に比べて乾燥しやすく、発生したメラニン色素がそのまま定着しやすい状態となります。
そんな状態を改善し、肘の黒ずみを解消したいと考えたら、保湿ケアをしっかりと行っておく事が有効です。
保湿をしっかりと行っておけば、新陳代謝が活発になりやすい状態になり、それにより発生したメラニン色素もそこで定着するのではなく、自然に肌の外へと排出して行きやすい状態へと変わります。
ですから、顔に対してスキンケアや保湿ケアを行うのと同じように、肘に対しても保湿ケアを行っていく事がおすすめです。
それにより、黒ずみが解消しやすい状態を作れます。